自転車の飲酒運転と交通事故|大阪で『交通事故』に強い弁護士

交通事故被害相談@大阪

「その他」のお役立ち情報

自転車の飲酒運転と交通事故

  • 文責:所長 弁護士 大澤耕平
  • 最終更新日:2021年5月7日

1 自転車の飲酒運転

懇親会や飲み会の帰り道、会場や最寄り駅から自宅までの間を、自転車を使って帰ったことがあるという方は、少なくないのではないでしょうか。

私がこれまで出会った人の中には、自動車の飲酒運転には気を付けているけれど、自転車だと気持ちが緩んでしまうという方もいらっしゃいました。

しかし、たとえ、わずかな距離を自転車で移動する場合であっても飲酒運転をすることで様々な危険やリスクがあることを知っておく必要があります。

2 自転車の飲酒運転のリスク

自転車は道路交通法上「軽車両」という扱いになっており、自動車と同様、道路交通法の対象に含まれているため、当然ですが、道路交通法に違反すれば罰則の対象になります。

3 保険上のリスク

また、飲酒後に自転車を運転した場合に事故を起こしてしまうと、たとえ保険に加入していても保険が適用されない場合があるため、加害者が自己負担で損害賠償額等を支払わなければいけないという事態も生じかねません。

4 自転車の飲酒運転は怖い

このように自転車の飲酒運転には相当のリスクがあります。

飲み会の場所が家から近い、普段から駅から自宅まで自転車で移動しているなどの安易な理由で、お酒を飲んだ後に自転車に乗ってしまうことは、上記のリスクを考えると、絶対に避けるべきです。

大阪のように、路線が整備されている地域では特に最寄り駅から自宅まで自転車通勤をしているような場合も多いかと思いますが、やはり飲んだら乗るな、を徹底するべきであることは間違いないでしょう。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ