交通事故の加害者が負う責任|大阪で『交通事故』に強い弁護士

交通事故被害相談@大阪

「その他」のお役立ち情報

交通事故の加害者が負う責任

  • 文責:所長 弁護士 大澤耕平
  • 最終更新日:2021年5月7日

1 交通事故の責任

交通事故の責任には大きく分けて3つの責任があります。

交通事故の加害者になってしまった場合に生じうる3つの責任についてお伝えします。

2 刑事上の責任

交通事故加害者となった場合に、最初に思い浮かぶのは刑事上の責任ではないでしょうか。

交通事故を引き起こした態様にもよりますが、交通事故加害者の方は、刑事責任を負うことがあります。

3 行政上の責任

また、交通事故を起こすと、自動車運転免許証の点数加算による免許停止や免許取り消しなどの行政上の責任を負うことがあります。

4 民事上の責任

交通事故の加害者は、被害者に対して、不法行為責任と呼ばれる民事上の責任を負います。

反対に、交通事故被害者の方は、加害者に対して不法行為責任を追及する形で、損害賠償請求をすることができます。

5 交通事故のご相談は弁護士法人心へ

交通事故に遭った時、ご自身が加害者であっても被害者であっても、その後の手続きやどのような対応をしていけば良いのか困ってしまう場合は多くあるかと思います。

そのようなときには、交通事故の対応に詳しい弁護士に相談、依頼をすることが重要と言えるでしょう。

弁護士法人心では、交通事故を集中的に取り扱う交通事故チームが多数の 交通事故案件を取り扱っており、交通事故に関する膨大な知識・ノウハウを有しています。

大阪にお住まいで交通事故のご相談をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ