大阪で『交通事故』に強い弁護士

交通事故被害相談@大阪

Q&A

相手の主張する過失割合に納得がいかない場合にはどうすればいいですか?

  • 文責:所長 弁護士 大澤耕平
  • 最終更新日:2021年5月7日

1 相手の過失割合の主張に納得ができない

過失割合によっては損害賠償額が大きく変わる可能性もあるため、過失割合は、交通事故案件で最も関心の高い項目の一つです。

そして、相手方から提示された過失割合に納得ができないというケースは少なくありません。

では、相手の主張する過失割合に納得がいかない場合には、どうすればいいのでしょうか。

2 過失割合

まず、過失とは、平易にいいますと、その時に要求される注意義務を怠ったことをいいます。

たとえば、自動車で右折をする時に、右後方から自転車等が来ていないかなど確認する必要があったのにこれを怠った場合に過失があると認定されることがあります。

そして、過失割合とは、交通事故などが発生した場合に、当事者のそれぞれが、どの程度注意義務を怠ったかであったかを数字で表すものです。

この過失割合は赤本などによって交通事故の態様によってある程度の基準が公表されているものですが、当事者としては双方納得がいかず、主張が噛み合わないことが多いものでもあります。

3 過失割合に納得がいかない場合は弁護士に相談する

相手の主張する過失割合に納得がいかない場合には、その過失割合で示談をすることはできないと思います。

その場合には、裁判で過失割合について争っていくことも検討するべきでしょう。

さきに述べたとおり、過失割合についてはある程度の基準が公表されているとはいえ、実際には事案に沿って個別具体的に検討していく必要があります。

ただ、この個別具体性を法律に精通していない交通事故当事者本人が主張立証していくことは、資料集めや主張整理といった点から難しい場合があります。。

そこで、相手方の主張する過失割合に納得がいかない場合には、まずは交通事故に詳しい弁護士に相談・依頼をしましょう。

4 交通事故のご相談は弁護士法人心へ

大阪のような大都市では弁護士の数も多いですが、弁護士であれば誰でもいいわけではなく、交通事故に詳しい弁護士に依頼をするということが大切です。

弁護士法人心では、交通事故を得意としている弁護士らを中心とする交通事故チームが、数多くの交通事故案件を取り扱っており、交通事故に関しての膨大な知識・ノウハウを蓄積しています。

交通事故の被害に遭って、相手の主張する過失割合に納得がいかないという方は、是非一度、弁護士法人心へご相談ください。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ