交通事故で入院した場合の損害賠償|大阪で『交通事故』に強い弁護士

交通事故被害相談@大阪

「損害賠償金(示談金)」に関するお役立ち情報

交通事故で入院した場合の損害賠償

  • 文責:所長 弁護士 大澤耕平
  • 最終更新日:2021年5月7日

1 交通事故被害による入院

交通事故の被害に遭って怪我をしてしまった場合、病院等へ通院をして治療するケースもありますが、怪我の内容や症状等によっては、入院することを余儀なくされてしまうケースもあります。

この場合の入院にかかる費用を請求することはできるのでしょうか。

2 交通事故による損害賠償

交通事故による被害を受けた場合には、事故の相手方に対して不法行為による損害賠償請求をすることができます。

入院にかかった費用についても、基本的にはこの損害賠償の一部として相手方に対して請求することができます。

3 交通事故で入院した場合の損害賠償

具体的には、交通事故で入院した場合には、入院費、診察料、投薬料、検査料等の治療費がかかりますが、これらは相手方に請求することができます。

また、入院中にかかったさまざまな雑費も請求することができます。

さらに、交通事故によって入院を余儀なくされた苦痛に対する入院慰謝料についても請求することができます。

4 交通事故で入院した場合の損害賠償請求は弁護士に相談するべき

慰謝料の請求や、これに伴うその他の示談交渉においては、弁護士に依頼をすることで最も高い基準である裁判基準をベースとした交渉をすることが期待出るため、交通事故に詳しい弁護士に相談するとよいでしょう。

5 交通事故で入院した場合の損害賠償でお困りの際には弁護士法人心へご相談ください

大阪のような大都市圏では、交通事故の発生件数も多く、交通事故被害でお悩みの方も多くいらっしゃるかと思います。

弁護士法人心にご依頼をいただければ、少しでも依頼者の方のお力になれるよう全力で対応させていただきますので、交通事故でお悩みの際には、ぜひ一度弁護士法人心までお気軽にご相談ください。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ