交通事故の症状固定後の治療費|大阪で『交通事故』に強い弁護士

交通事故被害相談@大阪

「損害賠償金(示談金)」に関するお役立ち情報

交通事故の症状固定後の治療費

  • 文責:所長 弁護士 大澤耕平
  • 最終更新日:2021年5月7日

1 交通事故の治療費負担

交通事故で負った怪我を治療するための治療費は、基本的には交通事故の加害者側の負担となります。

しかし、交通事故との因果関係や治療の必要性、相当性等によっては加害者側の負担とすることができず、ご自身でご負担しなければいけない場合があるため、注意が必要です。

2 症状固定とは

症状固定とは、平易にいいますと、治療を続けてもこれ以上症状が良くも悪くもならないと医師から判断された場合をいいます。

そして、交通事故実務では、症状固定前と症状固定後とで治療費についての損害賠償義務の捉え方に違いがあるため、注意が必要です。

3 症状固定前の治療費

症状固定前の治療費については、基本的に交通事故の怪我の治療費として損害賠償義務が認められる傾向にあります。

4 症状固定後の治療費

他方で、症状固定後の治療費について交通事故の損害賠償義務を認めるケースは、症状固定前の治療費の場合と比較すると格段に少なくなります。

中には、症状固定後の治療費を交通事故の損害賠償義務として認めることができる場合もありますが、稀有な事例ではないでしょうか。

すなわち、実務においては、症状固定後の治療費は、損害賠償義務として認められない傾向が強いのです。

5 対応策は

症状固定を迎えると治療費を損害賠償義務として認めてもらえないのであれば、いったいどうすれば良いのか悩んでしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのようなときには、交通事故を得意としている弁護士に相談をしてみるのが良いでしょう。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ